2021年9月4日土曜日

池袋暴走事故遂に判決

 おとといの2日、ついに池袋暴走事故の被告に禁固5年の判決が下された。検察の求刑7年に対し2年減刑の禁固5年、何で減刑なんだろう、何か釈然としない気分で2年減刑の理由を検索すると、「他の被害者に賠償がなされている」・「過剰な社会的制裁を受けている」の2点のようです。

何だかな~7年でも短い気がするのに、ただ90歳の被告に15年・20年の判決が可能だったとしても意味無いな。

今回、ほとんど検査側の主張が認められたそうです、そして珍しく裁判官から被告に説諭があったそうです。裁判官の説諭にあるように、被告は被害者に対して真摯に謝罪していない、自分の犯した過失を認めていない。とあるコメンテーターが元官僚だからと言っていたけど、間違えを認めない官僚体質もあるのかもしれない。

送検時から思っているけど「過失」なら二人殺して7人ケガさせても最高7年!?日本の法定刑は本当に軽いと思う。

もう何を言ってもしょうがないけどせめて、被害者家族の願い通り1審で終わらせてほしい。そう願うばかりです。


0 件のコメント:

コメントを投稿